読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LEATHER CARE "OIL"

こんにちわ!

 

最近店長がぞくぞくとBLOGを更新してくれています。

次の記事もお楽しみに!(ハードルあげ)

 

 

 

さて。今日は革製品のケアについてつぶやいてみます。

 

まずは気になる記事をご紹介いたします。

こちら。

 

 

 

www.earthcare-net.com

 

 

 

私がこちらのお肌のケアについての記事で、どの点が気になったのか。

はたまたGMT FACTORYと何か関係があるのか。

 

実はこのオイル美容、もしかしたら革製品のスキンケアでも

同じ様なことが言えるのでは?と思いました。

 

私事ではありますが、当方かなりの敏感肌です。

外泊先での石鹸や化粧水などをとりあえずで安易に使用すると、

いつも痛い目を見ます、、、

そして、自分の肌にオイル系のスキンケア用品を使用することには、

先ほど申し上げた石鹸や化粧水などの、100倍は抵抗があります。

 

できれば油っぽいものは塗りたくない。

特に顔面!

 

理由はストレートです。

「肌が嬉しそうじゃない」

 

完全に感覚人間の私の勘ではありますが、

オイルでのスキンケアに「保湿」の要素は無縁だと思います。

 保湿できたとしても、一瞬の気休め。

 

 

 

「オイルを塗ることは、一時的に水分蒸発を防ぐことにはなるけれど、

 根本的に乾燥肌を改善できない、または、乾燥肌を悪化させる恐れがある」

 

先ほどご紹介した記事より抜粋いたしました。
うむ。納得です。
 
「肌」を「革」に置き換えてみます。
 

「オイルを塗ることは、一時的に水分蒸発を防ぐことにはなるけれど、

 根本的に乾燥を改善できない、または、乾燥を悪化させる恐れがある」

 
 
 
だったらどんなケアが良いのか、、、
やはり、乳化性のクリーム、またそれでも水分が足りないときは
デリケートクリームを化粧水替わりに使用することをお勧めいたします!
 
 
M.MOWBRAY "DELICATE CREAM"

f:id:GMTinc:20160320105324j:plain

 

BOOT BLACK "DELICATE”

f:id:GMTinc:20160320105337j:plain

 
 
革を柔らかくしたいときなどは、オイル入れが手っ取り早いようです。
ですが、オイルを入れた革は、偶にクリーニング(丸洗い)したり、
乾燥していないかのチェックを念入りにしてもらいたいです!
 
やはり、一度オイルを入れた革の乾燥は、
なかなか手強く、気づいた頃には取り返しがつかない状態になっていることも、、、
特によく目にするのが、ガッチガチにひび割れたメンズブーツです。
 
ブーツのケアにはオイル!
みたいなイメージが定着しつつあるのですが、
ブーツも偶にはしっかり洗って、
乳化性で磨いてあげるのが個人的には超おすすめです。
 
 
 
あ、革が乾燥すると何が起こるの?
という疑問を抱いている方もいらっしゃるかもしれませんので、、、
革は元々動物の皮です。なので、人間の肌と同じように、
水分が足りない状態になると乾燥してひび割れてきてしまいます。
 
ひび割れる前に!保湿です!
そして水分が入りにくくなったなと思ったらリムーバーorクリーニングでリセット!
そしてまた保湿!!!の繰り返しで、お気に入りの革製品を長持ちさせてください!
 

TAPIR "LEDER PFLEGE"

f:id:GMTinc:20160320111248j:plain

 
SAPHIL "LEATHER BALM"

f:id:GMTinc:20160320105700j:plain

KIWI "LEATHER LOTION"
 

f:id:GMTinc:20160320105834j:plain

 
 
 
多忙な自分へのスキンケアで手がいっぱいだよ!という方。
ぜひ、乾燥が気になる革製品、GMT FACTORYにお持ちください!
 
革が喜ぶお風呂(クリーニング)もエステ(保湿・栄養)もご用意しております。
 
 
 
ん?私が使っている化粧水は何なんだって?
長年愛用の無印良品です!
 
 
 
 
Pocali