読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q&A よくある質問 靴の修理編

Q かかとのゴム交換はその場ですぐできますか?

A ピンヒールなら可能です。10分くらいでできます。少し太めのヒールやメンズのヒールは釘止めをしていないので3日程度時間をいただいております。

 

 

Q リフト交換はどのくらいの頻度で修理してもらうのが良いでしょうか?

A メンズの場合はヒールのレザーが積み上げてある(木目のような)ところが削れる前に。レディースのパンプスなどは革が巻いてあるヒールが削れる前にお持ちいただくのが良いと思います。

もし積み上げや革巻き部分が削れたとしても、減った部分を革やゴムで埋めて補修することもできますので、諦めずにお持ちください。

 

 

Q ステッチが少しほつれているのを、縫ってもらうのはその場ですぐできますか?

A 革は針穴が開くと生地の様に元に戻りません。穴が開くとそのままです。ですので、むやみに針を落としてしまうとミシン目の様になり、革が切れてしまう恐れがあります。

少し縫うだけといっても”元々あいている針穴に針を入れる”という繊細な作業になります。そのため、万全を期すためにも少しだけの縫物でもお預かりさせていただいております。

 

 

Q 靴箱やシューツリーはいっしょに預かってもらったほうが良いですか?

A GMT FACTORYはなかなかの狭いスペースです。基本的に修理するお靴のみをお預かりしておりますので、靴箱やシューツリー、袋、詰め物はお持ち帰りいただいております。型崩れなどを気にされるお客様もいらっしゃいますが、修理が完了したお靴やお鞄などは、早めにお引き取りいただきますようお願い申し上げます。

 

 

Q サイズの小さい靴は履けるようになりますか?

A 靴は構造上型崩れ防止の骨のようなものがある為、縦には伸ばせません。ですので足の指が伸ばせないような靴はどうにもできませんが、横幅であれば伸ばすことも可能です。

 

 

Q サイズの大きい靴を小さくすることはできますか?

A ストラップサンダルであればベルトを短くすることは可能ですが、シューズはそうもいかないのでインソールの下にスポンジを入れて調整いたします。

市販のものと違い固めのスポンジになりますので、すぐに潰れることがなく、長期間かわらないサイズ感で履いていただけるようになります。

参考:

Pumps size repair! - GMT FACTORY SHOP BLOG

 

 

Q 劣化したスニーカーのソールを交換できますか?

A デザインも履き心地も全く違ったものになりますが、可能は可能です。

純正品での修理が不可能なので、デザインが大きく変わってしまうのを気にされる方は、一度販売店に相談される方が良いかと思います。

逆に、オリジナリティを出したい!!と思っている方・・・

チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

参考:

ARE YOU SNEAKER LOVERS? | GMT FACTORY Blog

SNEAKER’S ALL SOLE | GMT FACTORY Blog

 

 

Q パンプスのヒールの革が、地面の穴に入って削れてしまいました…修理できますか?

A 剥がれた革は残っていますか?もし残っているなら、傷は残ってしまいますが接着補修が可能です。また、傷が残るのがイヤ!革がちぎれてしまった!という方はヒールの革巻き交換も承っておりますので、ご依頼ください。

 

 

Q どんな靴でも綺麗に磨いてくれますか?

A もちろんやります!!!

と・・・言いたいところですが、革の質や状態によってはできないものもございます。全て書き出すときりがないので一部だけ。

ガラスレザー、ハイシャインレザーの色落ち・エナメルのキズや剥がれ、べたつき・油染みのついたスエード・金や銀などの箔加工の革・ラミネート加工の革・合成皮革。

以上はご期待に沿えない可能性がございます。

何が何だかわからないよ!という方は店頭でご相談ください。 

 

 

Q ライトブラウンの靴を黒に染め変えることはできますか?

A 磨きと同じで、できるものもあります。

カーフで樹脂や塗装剤でコーティングされていないものであれば大丈夫です。

スエードやヌバックなどの起毛皮革は色が定着しずらいので、お断りさせていただくことがございます。

 

 

Q 指の付け根あたりの革が破れてしまいました、どのように修理できますか?また、対処法はありましたか?

A 内側ですか?外側ですか?

内側が破れている場合は上から革をあてて補強させていただきます。

外側の場合はミシンが入るところまで革をあててステッチさせていただけますが、つぎはぎが大きく目立ってしまうことと、革切れする状態のレザーの場合は、ステッチ部分から切れてしまうこともありますので、あまりお勧めはできません。

日ごろのケアで革に潤いを与えておきましょう!!

 

 

Q インソールの汚れが気になるのですが、元の色に戻せますか?

A 長く履いていればインソールも汗を吸ったり擦れたりなどで、色が抜けたり破れたり、シミができたりするかと思います。

ですが残念ながらクリーニングでは元の色に戻すことはできません。

ですので思い切ってインソールを交換してしまいましょう!!

ロゴは消えてしまいますが中のスポンジも交換しますので、履き心地が良くなること間違いありません。

 

 

Q 修理に出すか、新しく買うか、悩んでいます…

A まずはアッパーが切れていないか、ソール以外が傷んでいないかを確認していただき・・・・・なんて堅苦しくまじめに考えずに、考えてほしいのは一点だけ。

      「今後もその靴を履いていたいかどうか。」です。

購入金額が高かった靴、誰かにもらった靴、初めて自分のお金で買った靴、大切な理由は人それぞれ、違った理由でも長く大切に履いていきたいという気持ちがあれば、私共はそれをお手伝いさせていただきます。

ですので、なにか迷っているものがあれば是非ご相談ください!!!!!